工場転職専門・正社員求人募集なら『ファクトル』

工場転職専門の求人募集なら『ファクトル』



生産管理の仕事をするやりがいは?やりがいを知って工場転職の参考にしよう!

生産管理の仕事で働くやりがいを探そう

生産管理の仕事をするやりがいは?やりがいを知って工場転職の参考にしよう!

転職を考えている方の中には、工場の仕事は自分に合わないからとりあえず外そうと言う考えの方が多くいます。工場の仕事と言っても多岐にわたりますから、自分に合わない仕事と決めつけるのは間違います。これは自分にとって大きなチャンスロスです。

工場の仕事は、製品を作る製造に関わる仕事だけではありません。工場の生産ラインを管理する仕事も存在します。生産管理と呼ばれており、実際に製造現場で働くのではなく、製品の製造から出荷までを管理する仕事です。マネジメント能力が生かせますし、経営者と同じ目線で生産ラインを管理できるので非常にやりがいの多い仕事です。

製造業において、生産管理の仕事は要となりますから、非常に重要な仕事です。自分はコミュニケーション能力だけでなく、マネジメント能力に自信がると言う方や、数字に強い方、トラブル発生時には冷静な判断が下せる方は、生産管理の仕事でその性格を発揮して仕事をすることが出来ます。全く工場の仕事とは無縁であった、経理経験者や店舗経営を任されていた地域マネージャーなども転職して大活躍しています。工場の仕事は自分に合わないと決めつける前に、工場にはどんな種類の仕事があるのかよく見て下さい。きっと、自分に合った仕事が見つかるはずです。

生産管理の仕事で働くやりがいはここだ!

工場では様々な製品がライン作業で作り出されています。そして、私達の需要に応じて、常に不足する事なく製品が供給されています。買い物に行っても欠品することなく製品が並んでいるのが当たり前に時代になりました。

この背景には、工場の生産ラインで働く方々の努力がある事は勿論ですが、生産ラインを管理している生産管理と呼ばれる仕事が大きく影響しています。工場の仕事に転職した人は、みんなライン作業と思っている方は間違いです。生産管理は実際に製品を作らない仕事です。しかし、工場が利益を上げてタイムリーに製品を出荷するためには不可欠な仕事なのです。

生産ラインを管理するためには、部品の入出庫から製品の製造計画、人の配置など様々な事を整理する必要が有ります。同時に、どれだけの利益を生む仕事を行っているのか計算し、さらに利益を上げる方法も模索しなければいけません。その為、管理能力だけでなく、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書などが読み解ける経理に関する知識も求められる仕事です。また、トラブルが発生した場合、冷静に判断して生産計画を練り直す仕事も任されます。このように会社にとっては無くてはならない存在の仕事ですから、転職すれば、多くのやりがいを感じながら働くことが出来ます。

生産管理の仕事で働くやりがい①:工場の生産ラインを管理するやりがい

生産管理の仕事の醍醐味は、生産ラインを利益が上がるようにコントロールできる事です。

どんなに沢山の仕事を受注してもスムーズな出荷出来なければ利益に繋がりません。どんなにすばらしい製品が開発されても利益率の高い製造が出来なければ製造する意味がありません。きちんと生産ラインで儲けが出る仕事をしているのか、経営者に変わって判断するのが生産管理の仕事です。

生産計画通りに人員を配置し、製造スケジュールを立てて思いのままに生産ラインを動かすことが出来ます。生産効率や不良率は数字として表れますから、自分の考えが正しかったのかきちんと検証して次の仕事に生かしながら着実に経験値を増やす事も出来ます。

自分がデスク上で思い描いた通りの数字が現れてきた時の喜びは生産管理でしか味わえません。

製品を製造して利益が出るかどうかは生産管理に携わる人の判断に掛かっていると言っても過言ではないのです。その為、責任も重大でやりがいを感じながら仕事をすることが出来ます。

工場の生産ラインをしっかり数字で判断して決断を下す能力が求められますから、工場の機械操作が苦手な方でも、責任者としての経験があれば、生産管理のプロを目指す事が出来るはずです。

生産管理の仕事で働くやりがい②:経理のスキルを活かして適切な判断を下すやりがい

生産管理の仕事は、生産ラインが利益を上げる仕事をしているかチェックする以外に、原価計算も行います。適切な価格で原料が入荷しているのかチェックし、納品業者と価格交渉する事もあります。また、新しい原料を探す事もあるのです。

また、原料を買い過ぎていないか、不良在庫は無いかなども厳しくチェックする事も仕事も行います。

これらは経営に関わる大事な数字ですから、ただ漠然とどんぶり勘定で判断する事は出来ません。

その為、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書を見ながら、正しい経営が出来ているのか判断する能力が求められるのです。これは経理のプロが行う仕事に近いものがあります。

様々な求人がありますが、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書を読み解くスキルを学べるのはそう多くはありません。経理の仕事に携わる方でも、責任者レベルしかこれらの書類を読み解く能力を持っていないのです。その為、経理のスキルを学ぶやりがいは、生産管理の仕事でしか、味わえないと言う事も出来ます。

根拠に基づく適切な判断を下す瞬間は、まさに生産管理の司令塔という立場を実感出来るはずです。

生産管理の仕事で働くやりがい③:トラブル発生時に対応するやりがい

生産ラインは、機械トラブルや従業員の思わぬミスで計画に遅延が発生する事があります。原因究明と復旧作業は現場の責任者が行いますが、計画の修正は生産管理の仕事です。どれだけの遅れが発生して、取り戻すにはどうしたら良いかを瞬時に判断します。そして、最短で遅れを取り戻す生産計画を作り上げるのです。この修正された生産計画が無ければ現場はどれだけ生産すれば良いのか見当も尽きません。また、お客様に納期遅れの連絡も出来ませんから責任重大です。自分の経験と勘も必要になります。それ以上に、現場とのコミュニケーション能力も必要となります。その為、生産管理の仕事はトラブル発生時に対応するやりがいを感じる事が出来るのです。そして、トラブルの対応は必ず自分の成長に繋がります。

きちんと対応できた時は、営業や現場からねぎらいの言葉を掛けられる事もあります。お客様の信頼を勝ち取る事も出来ます。その為、生産管理の仕事の重要さを身をもって知る良い機会となるのです。トラブルを解決するたびに、自信も付きますし、モチベーションを高く持って仕事に励む事が出来ます。

転職してすぐの時は焦る事も多いでしょうが、このやりがいを感じながら仕事を進めれば会社から頼りにされる存在になれるはずです。

生産管理の仕事が活躍する職場をイメージしよう!

生産管理の仕事は工場の生産ラインを管理する仕事ですから、生産ラインを持つ工場では必ず必要となる仕事です。実際に、生活必需品から趣味の物まで様々なモノ作りの現場で活躍しています。その為、生産管理の仕事に転職する方は、自分の趣味や好きな事に関わる仕事を選ぶ事が出来るのです。自分の興味がある分野に転職したいと考えている方にはおすすめの仕事です。

今回は、生産管理の仕事を募集する事が多い3つの分野をご紹介させて頂きます。その3つの分野とは、「自動車部品工場」、「食品工場」、そして「化粧品工場」です。どの工場も、安定生産、そしてコスト削減を意識して生産ラインを回しているので、生産管理の仕事が生かされています。経験問わず募集される事も多いので、誰にでも転職するチャンスがあります。そして、生産管理の基本をじっくり学ぶ事が出来る分野でもあります。

生産管理の仕事が活躍する職場1:自動車部品工場

自動車部品の生産ラインは、ライバル会社も多いため、常にシビアなコスト計算が行われています。その為、生産ラインに配置する人員や使用する原料のコスト計算をしっかり行って、必要最小限のコストで最大の利益を上げるために生産管理の方々が努力をしています。その為、経理のスキルを活かして適切な判断を下すやりがいが感じられやすい分野です。

また、最近は在庫を持たない会社が多くなったため、注文から出荷までのリードタイムが非常に短くなっています。生産管理の方々は、中期、長期の生産計画を立てながら、突発的に入ってくる短期の生産計画まで上手く丸め込むスケジューリングを行っているのです。その為、工場の生産ラインを管理するやりがいも感じながら仕事をする事が出来ます。

そして、自動車部品工場では様々な機械を使用しますから、必ず機械トラブルが発生します。瞬時に機械が再稼働するまでに必要な時間を把握して、生産計画を立て直さなくてはいけません。自動車部品は、多くの関連工場と結びついているので、納期遅れは会社の信用を大きく落とす事になるからです。その為、トラブル発生時に対応するやりがいも感じながら仕事に励む事が出来ます。

生産管理の仕事が活躍する職場2:食品工場

スーパーに並ぶお菓子や総菜類は食品工場の生産ラインで大量生産された商品ばかりです。低価格でも美味しい食品が手に入るのは、生産管理の方々が、常に安い原料を探して、必要最低限の人員でラインを稼働させる工夫をしているからです。その為、この分野に転職した人は、常に人件費を含めた生産コストの見直しを行う事になります。

また、食品の原料は自動車部品と違って天然資源が殆どですから、天候によって原材料費が大幅に変動します。しかし、生鮮品と違って、加工品は卸値を簡単に変動される事が出来ないのです。そこで、少しでコストの変化を抑える為に、安い価格の時に原料を大量購入して倉庫に保管して対応しています。その為、キャッシュフォローを意識した生産計画も必要となってきます。食品工場では、工場の生産ラインを管理するやりがい以上に、経理のスキルを活かして適切な判断を下すやりがいが感じられます。

また、最近はTVの影響で急に商品が爆発的に売れて生産計画を見直すことも少なくありません。その為、機械トラブルでは無く、増産のために生産管理の方々が活躍する場面が多くなりました。その為、増産に対応するやりがいも感じる事が出来ます。スーパーに並ぶお菓子や総菜類は食品工場の生産ラインで大量生産された商品ばかりです。低価格でも美味しい食品が手に入るのは、生産管理の方々が、常に安い原料を探して、必要最低限の人員でラインを稼働させる工夫をしているからです。その為、この分野に転職した人は、常に人件費を含めた生産コストの見直しを行う事になります。

また、食品の原料は自動車部品と違って天然資源が殆どですから、天候によって原材料費が大幅に変動します。しかし、生鮮品と違って、加工品は卸値を簡単に変動される事が出来ないのです。そこで、少しでコストの変化を抑える為に、安い価格の時に原料を大量購入して倉庫に保管して対応しています。その為、キャッシュフォローを意識した生産計画も必要となってきます。食品工場では、工場の生産ラインを管理するやりがい以上に、経理のスキルを活かして適切な判断を下すやりがいが感じられます。

また、最近はTVの影響で急に商品が爆発的に売れて生産計画を見直すことも少なくありません。その為、機械トラブルでは無く、増産のために生産管理の方々が活躍する場面が多くなりました。その為、増産に対応するやりがいも感じる事が出来ます。

生産管理の仕事が活躍する職場3:化粧品工場

化粧品の原料は化学製品や天然資源以外に薬品も多く使われます。輸入される原料も多く、為替の影響を大きく受ける為、常に原材料費が変動します。その為、化粧品工場の生産ラインでは常にコストを意識した製造が行われているのです。その為、生産管理に携わる方々は、出来るだけ安いタイミングで原料を購入して製造できるように、経理の視点で在庫管理を行っています。同時に、人の配置にも気を使い、人件費削減も併せてコストダウンを図っているのです。その為、経理のスキルを活かして適切な判断を下すやりがい、工場の生産ラインを管理するやりがいが感じやすい分野です。

また、化粧品の生産ラインは人の手で汚染が無いように機械化が進んでおり、他の分野に比べて機械に頼る生産を行っています。その為、ひとたびトラブルが発生したら、生産ライン全てが停止する事も少なくありません。トラブルが発生すると生産計画が大幅に狂い、生産計画を立て直すのが大変です。よって、トラブル発生時に対応するやりがいも感じられる分野です。

生産管理の仕事は安定供給が当たり前の社会の役に立つ

私達が、買い物に行けばいつでも欲しいものが手に入るのは生産管理の方々が、常に生産ラインを管理して安定生産を行ってくれているからです。また、高品質な価格が安価で手に入るのも生産管理の方々の努力の表れなのです。どんなトラブルに見舞われてもしっかり生産計画を見直して短期間で通常出荷の体勢に戻してくれます。

このように、生産管理の仕事は安定供給が当たり前の社会に貢献しているのです。今後も、当たり前に物が購入できる時代は続きますから、生産管理の仕事が無くなる事はありません。

まとめ

生産管理の仕事は生産ラインを回すために必要不可欠な仕事です。常に生産ラインを監視して、無駄を省き最大の利益を上げるために努力する仕事です。経理の視点からコストダウンを図ることになるので、経理のスキルも身に付きます。また、トラブル発生時には臨機応変な対応を迫られるので勤務年数が長くなればなるほど、会社にはかけがえのない存在となります。生産管理は非常にやりがいと魅力のある仕事です。経験とノウハウを求めて転職先を探している方にとっておすすめの仕事です。